【日本と海外のHPデザインの違い】外国人に読みやすいデザイン・レイアウト・多言語設定

日本と海外のホームページ制作の違いとは?

日本にいると日本のHPしか見ないことが多いですが、一歩海外に出てみるとHPのデザインや表示の仕方、レイアウトと様々な違いがあります。筆者は海外生活を経て30か国以上旅行し、色々なHPやサービスを海外で見てきました。そこで今回は、筆者が感じた日本と欧米のウェブサイトにはいくつかの顕著な違いがあり、デザイン、レイアウト、外国人が読みやすいHPの違いやが外国人に好まれるHPを持つことのメリットについて説明します。

ホームページ(ウェブサイト)の違いを理解する重要性

  • グローバルなアクセス: インターネットは国際的なコミュニケーションとビジネスのプラットフォームであり、ウェブサイトは世界中のユーザーにアクセスできる可能性を持ちます。異なる地域や文化におけるウェブサイトの違いを理解することは、国際的なオーディエンスに対応するために不可欠です。
  • ユーザーエクスペリエンスの最適化: ユーザーエクスペリエンスを向上させるためには、地域や文化に合ったウェブデザイン、コンテンツ提供、価格戦略などが必要です。ユーザーの期待に応え、適切な情報提供を行うためには、ウェブサイトの違いを理解することが不可欠です。
  • グローバルな市場進出: 企業やブランドが国際市場に進出する場合、現地の文化や習慣を尊重し、適切なウェブサイトを提供することが成功の鍵です。地域に適したウェブサイトを作成するためには、その地域の違いを理解する必要があります。
  • 検索エンジン最適化(SEO): ウェブサイトの違いを理解し、国際的なSEO戦略を適用することは、ウェブサイトの可視性向上に寄与します。異なる地域や言語でのキーワード選択やコンテンツ戦略を調整することが、検索エンジンでのランキングを向上させるのに役立ちます。
  • 距離の縮小: インターネットを通じて、世界中のユーザーとつながり、ビジネスを展開する機会が増えています。ウェブサイトの違いを理解することは、国際的なデジタルコミュニケーションにおいて誤解や文化的な違いを減少させ、相互理解を促進するのに役立ちます。

では具体的にどのような違いがあるのか?違いを6つ下記にて紹介いたします。

海外と日本のHPについて対策6つ

1.ホームページデザインの違い

日本と欧米のウェブサイトのデザインにはいくつかの重要な違いがあります。一般的な日本のウェブデザインは、クリーンで美しいが、多くの情報が詰め込まれ、多くの要素が一度に表示されます。欧米のウェブデザインは、シンプルで視覚的に洗練されたものが多く、情報はより分かりやすく配置されています。また、日本のウェブデザインはしばしば異なるカラー要素で構成されていることが多く、欧米のデザインはよりミニマルな色使いが一般的です。

また写真やイラストについてですが、日本のウェブデザインは、しばしばカートゥーンスタイルのキャラクターや可愛らしいイラストを使用します。欧米のウェブサイトは、写真やグラフィックスを強調し、よりリアルなイメージを使用することが多いです。

参考URL

2.ホームページレイアウトの違い

日本のウェブサイトのレイアウトは、通常、縦スクロールを主体とし、情報は上から下へと流れる傾向があります。これは、日本語の縦書きテキストに適したスタイルです。一方、欧米のウェブサイトは横スクロールを必要とせず、情報は左から右へと配置されることが一般的です。また、欧米のウェブサイトはページ全体にわたる横幅が広く、大きな画像やビデオを含むことが多いです。

欧米のウェブサイトのレイアウトは、視覚的にスッキリしており、読者に情報の流れを明確に示します。ユーザーは通常、ナビゲーションバーが上部やサイドに配置され、コンテンツに簡単にアクセスできるようになっています。日本のウェブサイトは、縦スクロールを多用するため、情報を一度に多く表示することが一般的であり、ページが長いことがあります。

これらのデザインとレイアウトの違いは、文化や言語の違い、およびユーザーエクスペリエンスに対する異なるアプローチに起因しています。理解し、適切に適用することは、国際的なオーディエンスに合わせたウェブデザインの成功に不可欠です。

3.ホームページ多言語(英語)表記

日本のウェブサイトは、主に日本語を使用していますが、英語や他の言語への切り替えが提供されていることもあります。しかし、多くの場合、日本語が主要な言語として優先され、外国語コンテンツは限られたページやセクションにのみ提供されます。一方、欧米のウェブサイトは、通常、複数の言語でコンテンツが提供され、ユーザーはウェブサイトの言語を簡単に切り替えることができます。多言語表示は、国際的なユーザーに対するアクセシビリティを高め、コミュニケーションを円滑にします。

多言語表示を提供することにより、ウェブサイトは異なる国や言語圏からのユーザーに対応でき、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。また、検索エンジン最適化(SEO)においても、多言語コンテンツは異なる言語でのキーワードをターゲットにするため、ウェブサイトの可視性を高めるのに役立ちます。外国語圏のユーザーにコンテンツを提供することは、国際的な展望を拡大し、ビジネスやコンテンツの世界的な拡散を促進します。

多言語表示は、日本と欧米のウェブサイトの重要な違いであり、国際的なオンラインプレゼンスを確立するために欠かせない要素と言えます。今後日本にも在留外国人及び観光客が大幅に増加する傾向がありますので、多言語表示に対してはHPリニューアル等早めのアプローチが必要です。

4.ブランディングの違い

  • 日本のウェブサイト: 日本のウェブサイトはしばしばブランディングにおいてクリエイティブで独自のアプローチを取ります。カートゥーンキャラクターやキュートな要素を使用し、ブランドのイメージを強調することが一般的です。また、日本のウェブサイトは伝統的な日本文化や価値観にリンクすることがあり、日本の伝統を尊重するデザインが多く見られます。
  • 欧米のウェブサイト: 欧米のウェブサイトは一般的にブランドの誠実さやプロフェッショナリズムを強調します。シンプルでモダンなデザイン、ロゴの洗練された使用、フォントの統一性など、ブランドの一貫性が強調されます。また、ブランドメッセージやストーリーが重要視され、ウェブサイト上でそのストーリーを伝えるためのコンテンツがより顕著になります。

ブランディングのアプローチの違いは、文化的な違いとブランドの伝えたいメッセージに合わせたものであり、ウェブサイトの訪問者に対するブランドの印象に影響を与えます。

5.価格表示違い

  • 日本のウェブサイト: 日本のウェブサイトでは、価格の表示が控えめで、商品やサービスの価格が明示されないことがあります。代わりに、「お問い合わせください」や「詳細はお問い合わせください」といった表現が見られます。これは、価格を提示せずに、顧客との対話を通じてカスタマイズされた提案を提供しようとするアプローチを反映しています。
  • 欧米のウェブサイト: 欧米のウェブサイトでは、価格の明示が一般的です。商品やサービスの価格はウェブサイト上で明確に表示され、購買意思を持つ顧客が簡単に価格情報を入手できるようになっています。価格の透明性が強調され、比較ショッピングが一般的です。

価格の表示の違いは、購買プロセスと顧客の期待に影響を与えます。欧米のウェブサイトでは、価格の透明性が信頼性を高め、購買意思を刺激する一方、日本のウェブサイトでは顧客との対話やカスタマイズに焦点を当てる傾向があります。

6. 外国人が読みやすいホームページのメリット

外国人が読みやすいウェブサイトを作成するメリットはいくつかあります。まず、国際的な観客にアクセスする機会が増えます。欧米などの海外のユーザーは、分かりやすいデザインやレイアウトを提供するウェブサイトを好みます。また、英語や他の外国語で提供されたコンテンツが読みやすいウェブサイトは、SEO(検索エンジン最適化)にも役立ちます。外国語のキーワードやコンテンツを適切に配置することで、ウェブサイトが検索エンジンの検索結果で上位に表示されやすくなります。

外国人が読みやすいウェブサイトは、国際的なビジネス、観光、教育などの分野で特に重要です。ユーザーがストレスなく情報を得ることができるウェブサイトは、ポテンシャルな顧客や読者にとって魅力的であり、国際的な成功に向けた大きな一歩となります。

摘要

いかがでしたか?HP制作時には上記の項目についての知見、なにより海外のHP体験の経験や感覚が必要です。

下記のWeb制作会社は外国人のメンバーが複数参加しており、英語、中国語、フランス語と多言語表示にも対応できる会社となっております。HPに関しても100,000円~対応しておりますので、この機会に是非相談ください。banner_ad_website_creation

每周 7 天、每天 24 小时提供服务!如果您需要网站开发、吸引客户或建立业务方面的帮助,请点击此处!
提供 30 分钟免费在线咨询。初次咨询还将为您提供主要信息。

1920 1272 移居日本