外国人観光客を魅了するインバウンド集客対策~飲食店・店舗にお客様を呼び込むための必須手順

外国人観光客を魅了するインバウンド集客対策
~飲食店・店舗にお客様を呼び込むための最低限の手順~

 

何故今インバウンド対策が重要なの?​

2019年に政府が打ち出した「明日の日本を支える観光ビジョン」によれば、2030年までに日本を訪れる外国人旅行者は6,000万人に達する見込みです。この急増する訪日外国人観光客に対応するため、インバウンド対策がますます重要となっています。政府は、『観光先進国』への新たな国づくりに向けて、新たな観光ビジョン『明日の日本を支える観光ビジョン』を策定しました。この「観光ビジョン」に盛り込まれた受入体制に関する施策について、訪日外国人旅行者がストレスなく、快適に観光を満喫できる環境整備に向け、政府一丸となって対応を加速化していくことを目標にしています。

インバウンドとは?

インバウンドとは、外国人観光客が日本を訪れることを指します。インバウンド対策とは、外国人客がお店に来た際に、スムーズに自国同様のサービスを受けられる環境を整えることを指します。外国人観光客は、言語や文化の違いから、日本人と同様のサービスを提供するために専用の対策が必要です。飲食店の場合、メニューやPOPの英語表記、語学力のあるスタッフの採用などが挙げられます。

インバウンド集客対策が求められる理由・メリット

  • 訪日外国人観光客の急増
  • 国内消費の縮小
  • 訪日外国人による飲食店への高い需要
  • 客単価の向上
  • 平日や閑散期の売上増
  • 世界規模での口コミ拡散
  • 他社との差別化

外国人への集客に力を入れるだけで、客単価の向上や閑散期の売り上げ増等日本人客だけではカバーできない部分も大幅にカバー出来る要素に繋がります。外国人観光客の増加が見込まれている今の時点で、準備を進めることで、数年後には他の店舗との差別化が図れます。多言語対応のメニューとホームページ、キャッシュレス決済の導入、お店の情報発信など、インバウンド対策のポイントは多岐にわたります。

では具体的にどのようなことを実施すればいいのか?簡単なステップを下記にて紹介いたします。

最低限押さえておきたいインバウンド対策6つ

1. Googleマップ上などに店舗情報を表示できる「Googleビジネスプロフィール」

外国人観光客はGoogleでお店を検索することが多いです。「東京駅 レストラン」と検索するだけで、地図上からお店を選べるのですから、便利ですよね?特に最近では食の多様性が顕著になっていることから、ベジタリアンやヴィーガン、ハラール、グルテンフリーなどを意識した情報発信を行うことが差別化につながると言われてます。こちらはすぐに登録でき、無料で出来ます。また結果がすぐに反映されますので、まだやってみてない方は是非試してみてください。

2. 外国語メニューの用意

外国人観光客が日本の飲食店で困る点の一つは、日本語のメニューが理解しにくいことです。日本人の皆さんも海外で日本語メニューを見るとほっとしますよね?日本のメニューは写真もついていたり選びやすいですが、外国人のお客様は日本のごはんや食材に慣れていないため、何が入っているかきちんと確認して選びたいという気持ちがあります。メニューは少なくとも英語と日本語の2言語のメニューを提供し、余裕があれば中国語や韓国語なども用意しましょう。また、ベジタリアンやイスラム教徒向けのメニューも検討しましょう。

またコミュニケーションを簡単にするために番号でオーダーできるようにすれば間違いを防ぐことができます。

3. HPとグルメサイトの多言語化

外国人観光客は、スマートフォンやパソコンを使って飲食店を検索することが多いです。お店を選ぶときに英語サイトがあればメニューを先に選んで準備できますし、他の店と悩まれている方にはその店を選ぶ決定的な要素となります。そのため、HPとグルメサイトは日本語だけでなく、英語や中国語でも情報が提供されるようにしておきましょう。英語付きのHP制作には現在あらゆる自治体が補助金をサポートしてます。東京都では費用の最大50%をサポートするなど、期間限定の支援もございますので是非この機会にご検討してみてください。またコミュニケーションを簡単にするために番号でオーダーできるようにすれば間違いを防ぐことができます。

4. WiFi環境

外国人観光客は、情報の検索や地図情報の利用にWiFiが必要です。店内に無料WiFiを提供するだけでも、外国人客からの評判が向上します。また、翻訳機能等も使用できるようになりますので、ミスコミュニケーションも削減できます。

5. キャッシュレス決済

外国ではキャッシュレス決済が一般的です。クレジットカードやスマートフォン決済の導入は、外国人観光客からの支持を受けるために重要です。代表的なところとして、中国や韓国ではQRコード決済、欧米ではクレジットカードがほとんどの店舗で使用可能になっています。慣れない通貨を使うことで、買い物にストレスを感じている外国人観光客も多く、国内でも急速にキャッシュレス決済への対応が求められています。

6. SNSアカウントの運用

SNSは外国人観光客に魅力を伝える効果的なツールです。各SNSプラットフォームの特徴を理解し、お店に合った戦略を立てましょう。飲食店のインバウンド集客には、お店の魅力を効果的に伝えるSNSの活用が欠かせません。観光庁の「訪日外国人の消費動向」によると、出発前に得た旅行情報源の項目でSNS(23.7%)が個人ブログ(30.6%)に次いで第2位を獲得しています。お店のアカウントを作ってSNSを運用することで、海外のユーザーにも情報を届けられるのです。主なSNSの特徴を確認しておきましょう。

  • Twitter:文字情報重視、拡散性が高い
  • Instagram:視覚情報重視、世界的にユーザーが多い
  • Facebook:情報量重視、実名制

これらのインバウンド対策を実行することで、外国人観光客を引き寄せ、競争力を高めることができるでしょう。さあ、インバウンド対策を前向きに検討しましょう!

参考リンク https://toreta.in/contents/dx/inbound-measures/

每周 7 天、每天 24 小时提供服务!如果您需要网站开发、吸引客户或建立业务方面的帮助,请点击此处!
提供 30 分钟免费在线咨询。初次咨询还将为您提供主要信息。

1920 1281 移居日本

Leave a Reply