ホームページのヒートマップ

ヒートマップ分析でホームページの集客力をアップさせる方法

ホームページを制作する際には、集客力やコンバージョン率を高めることが重要です。しかし、どのような改善をすれば効果的なのか、判断するのが難しい場合もあります。

そんなときに役立つのが、ヒートマップ分析です。ヒートマップ分析とは、ユーザーの動きや視線を可視化することで、ホームページの改善点を見つけ出す手法です。

本記事では、ヒートマップ分析の概要や、ホームページの集客力を高めるための活用方法について解説します。

集客UPに役立つヒートマップ分析とは

ヒートマップとは、Webサイトのページ上でユーザーがどこを見ているのか、どこをクリックしているのかを色で可視化したものです。

ユーザーの視線やクリックの動きを追跡することで、ユーザーの行動を分析することができます。 ヒートマップツールを活用することで、Googleアナリティクス等のアクセスツールだけでは確認できない、ユーザーの行動を可視化することができます。ヒートマップツールを使えば、ユーザーがどこを見ているのか、どこをクリックしているのかがわかり、サイトの改善に役立てることができます。

ヒートマップツールは、Webサイトにコードを埋め込むだけで簡単に利用でき気軽に始めることができます。

ヒートマップ分析のメリット

  • ユーザーの行動を可視化できる
  • Webサイトの改善点を洗い出せる
  • ユーザーの理解を深められる

1. ユーザーの行動を可視化できる

アクセス解析では、ユーザーの行動を数字でしか把握できません。しかし、ヒートマップを使えば、ユーザーがどこに注目し、どこをクリックしているのかを視覚的に確認することができます。

2. Webサイトの改善点を洗い出せる

ユーザーの行動を可視化することで、Webサイトの改善点を見つけることができます。例えば、ユーザーが離脱するページを特定することで、そのページのコンテンツやデザインを改善することができます。

3. ユーザーの理解を深められる

ユーザーの行動を可視化することで、ユーザーの理解を深めることができます。ユーザーが何を求めているのか、何に困っているのかを把握することで、よりユーザーに寄り添ったWebサイトを作成することができます。

ヒートマップ活用するとどんな集客効果がホームページで得られるのか?

  • コンバージョン率の向上
  • 流入数の増加
  • ユーザーの満足度向上

例えば、あるECサイトでは、ヒートマップツールを使って、商品詳細ページの離脱率が高いことがわかりました。そこで、商品の画像や説明文を改善したところ、離脱率が50%減少し、売り上げが10%増加しました。

また、ある企業のWebサイトでは、ヒートマップツールを使って、ユーザーがよく見ているエリアに、重要な情報を配置しました。その結果、ユーザーの滞在時間が20%増加し、問い合わせ件数が15%増加しました。

ヒートマップは、Webサイトの改善や成果向上に欠かせないツールです。無料版でも基本的な機能は利用できるので、まずは無料版から試してみることをおすすめします。

ヒートマップツールの種類​

  • クリックヒートマップ:ユーザーがどこをクリックしたかを色で表示する
  • スクロールヒートマップ:ユーザーがどこまでスクロールしたかを色で表示する
  • 熟読エリア:ユーザーが長時間滞在したエリアを色で表示する
  • 終了エリア:ユーザーが離脱したエリアを色で表示する

1. クリックヒートマップ

目的:ユーザーがページ上のどこでクリック(タップ)したのかを視覚化

クリックヒートマップとは、ユーザーが Web ページ上のどこでクリックしたのかを視覚化したものです。
一般的に、多くのクリックが発生している場所ほど色が赤く、クリックの発生が少ない場所ほど青く表示されます。

クリックヒートマップを使って、「ユーザーにとって使いやすいページデザイン・レイアウトになっているか」つまり、ユーザービリティの検証に適しています。
ユーザーがクリックしたエリア、リンクやボタンはもちろん、何も設置していないスペースへのクリックを全て知ることができ、ユーザーが適切にリンクやコンバージョンボタンを認識してクリックされているかどうかを見極める際に最適です。

参照URLはこちら

2. スクロールヒートマップ

目的:訪問したユーザーのページスクロール率をヒートマップで表現する

スクロールヒートマップはすべてのヒートマップ解析の基本となる機能です。

ユーザーの滞在時間によって色合いが変わる( 滞在時間が長いほど赤く、短いほど青く表示される) ため、直感的にサイトの状況を把握することが可能です。

また、ページごとの滞在者の増減をグラフで確認できるため、「よく離脱されている箇所」の発見につなげることができます。

参照URLはこちら

3. 熟読エリア

目的:どこがよく閲覧されているのか、ユーザーの視点を表現したヒートマップ。よく読まれている部分が濃く表示されます。

単に読まれている場所を特定するのではなく、「なぜその場所が読まれているのか?」を仮設を立てて分析します。また、年齢や地域を変えて、それぞれの熟読エリアを分析することで、各セグメントの傾向が手に取るようにわかります。

ポイント:

  • ユーザーが興味・関心のある情報は何か?
  • 興味をもたれていない情報を上部に配置していないか?
  • 見せなければいけないコンテンツは見られているか?

参照URLはこちら

4. 終了エリア

目的:何パーセントのユーザーがどこまで画面をスクロールしているかを表現

ポイントは50%のラインです。この50%のラインに、ユーザーが求めるコンテンツや、ユーザーに見せたいコンテンツを設置します。

ポイント:

  • 何パーセントのユーザーがどこまでみているのか?
  • そもそも見られていない部分の改善に時間をかけているのではないか?
  • 優先度の高いコンテンツはどこまでに配置しなければならないのか?

参照URL

集客改善に役立つヒートマップツール無料と有料版6個紹介

MIERUCA HEATMAPは、ユーザーの視線やクリックの動きを追跡できるヒートマップツールです。クリック率やスクロール率などの指標も確認でき、Webサイトの改善に役立ちます。

Ptengineは、アクセス解析とヒートマップを組み合わせたツールです。Webサイトの利用状況を把握し、ユーザーの行動を分析することができます。

User Heat(ユーザーヒート)は、スクロールヒートマップや熟読エリアなどの機能が充実したヒートマップツールです。ユーザーの視線やクリックの動きに加えて、ユーザーの滞在時間なども確認できます。

ヒートマップツールの有料版

User Insightは、ユーザーの視線やクリックの動きに加えて、ユーザーの行動を動画で確認できるヒートマップツールです。動画でユーザーの行動を分析することで、より深い理解を得ることができます。

Contentsquare(旧:Clicktale)は、ユーザーの視線やクリックの動きに加えて、ユーザーの属性や行動履歴などのデータを取得できるヒートマップツールです。ユーザーの心理をより深く理解するために役立ちます。

crazyeggは、クリックヒートマップやスクロールヒートマップに加えて、フォームの入力状況や動画の視聴状況などのデータを取得できるヒートマップツールです。Webサイトのさまざまな要素を分析することができます。

【番外編】絶対に押さえるべき無料分析ツール5選

下記の5つのツールは、有名な分析ツールです。有料版もありますが今回は、基本的に無料で使えるツールを選んでいます。

    1. アクセス解析ならGoogleアナリティクス
    2. 検索データ分析ならGoogleサーチコンソール
    3. 表示速度解析ならPageSpeed Insight
    4. ヒートマップ分析ならUser Heat
    5. 競合トラフィック分析ならSimilarWeb

摘要

いかがでしたでしょうか?ぜひこの機会に無料のヒートマップツールを活用し、サイト分析を始めてみてください。

また興味はあるけど、自分でやるのは大変そうという方には面倒な設定やレポートも含めて弊社が対応出来る会社もございますので、ご検討くださいませ。

下記のサイトでは企業分析や採用マーケティングに関する無料相談も受け付けておりますので、この機会にぜひ一度相談してみてください。

每周 7 天、每天 24 小时提供服务!如果您需要网站开发、吸引客户或建立业务方面的帮助,请点击此处!
提供 30 分钟免费在线咨询。初次咨询还将为您提供主要信息。

780 500 移居日本