主页_握手_商务

[如何为公司成功招聘:深入了解最新趋势。通过网站开发提高招聘效率!

採用活動に変化?企業が選ぶ時代から選ばれる時代に

少子高齢化による労働人口の減少と、企業側の求める人材要件の高度化により、採用市場は売り手市場へと変化しています。求職者はではどのように企業を選ぶのでしょうか?それは、「採用サイト」です。現在採用活動に力をいれている企業に注目されているのが、「採用マーケティングやブランディング」です。これらは自社の魅力を求職者に伝え、自社にしかない価値を訴求することで、自社を差別化し、採用力を高める取り組みです。

本記事では、「採用がうまくいっていない企業とうまくいっている企業の違い」を採用サイトの観点から徹底比較し、採用苦戦中の中小企業が採用サイトで募集増加までの軌跡をご紹介します。

採用がうまくいっていない企業の共通点

  • 情報不足 みなさんも家を賃貸、購入する際にはすべての条件や、スペックを確認したいですよね?就職もご自身の家を決めるのと同じように非常に重要な決断です。そのため、採用サイトには、企業の事業内容、求人内容、社風、福利厚生など、求職者が知りたい情報がすべて網羅されていなければなりません。情報が不足していると、求職者は「この会社で働くイメージが湧かない」と応募につながりにくくなってしまいます。自社のサイトをお持ちの方は、上記が含まれているか確認してみてください。

 

  • デザインが悪い 採用サイトは、企業のイメージ、顔に当たるものです。デザインが悪いと、求職者は「古臭い、若者がいないのではないか」とマイナスの印象を持ってしまいます。特に求職者は判断はすべてネット上の情報のみで行う傾向にありますので、現代のトレンドにあったサイトリニューアルをお勧めいたします。

 

  • コンテンツが面白くない 採用ページを持っていて、ホームページ制作も直近で行ったけど、応募者が増えない。ということはありませんか?採用サイトは、求職者が興味を持ってもらえるコンテンツを掲載する必要があります。コンテンツが面白くないと、求職者はすぐに離脱してしまい、応募につながりにくくなってしまいます。この会社に入ると「こんな一日になるんだ」、社外活動や1日の流れ、キャリアプラン等しっかりと情報を掲載することで求職者に働くイメージをより持ってもらいやすくなります。

求職者は企業に勤務体制の柔軟性・ワークライフバランスを求めている

wantedly_企業に求めること

グラフ出典:ウォンテッドリーの調査

求職者が会社に求める価値観は多様化しています。かつてのように知名度や待遇、安定性だけではなく、様々なことが重視されるようになりました。上記のグラフは就職者が1034人の対象者に聞いた、企業に求める項目のまとめです。こちらを見ると、30年前にはそこまで重要視されていなかった、勤務体制の柔軟性等のワークライフバランス を求める求職者が多いことが分かります。採用マーケティングではこのような現状のトレンドや他社を踏まえた現状を把握し、募集要項や見せ方を改善、そして出来るだけ多くの就職者とマッチできるように仕掛けをしていきます。

企業が今すぐできること:

  • 企業が理想とする人材のニーズを把握し、待遇や職場環境などを整える
  • ターゲットとなる層に認知を広げ、興味関心を促す

では実際にどのような取り組みを行えばいいのか?その対策をを1つずつ下記で紹介していきます。

採用がうまくいっている企業の特徴

  • 働く姿をイメージしやすいコンテンツ 社員インタビューや社員の一日の流れ、社外活動等の情報を入れ込むことで、求職者はこの会社に入ったらこんな一日を過ごすことになるんだなとイメージがつきやすくなります。家を決める時と同じで、駅から家までに何があるか、家のリビングでの過ごし方等、イメージができる情報はあればあるほど、求職者にとっては有難い情報です。応募意欲を高めるうえで、仕事のやりがいや身に付く力などを丁寧に説明することも大切です。

 

  • 企業のことがよくわかる情報 採用サイトでは自社の情報を自由に載せることができるため、積極的に写真や動画などを活用し、社内の雰囲気が伝わるように工夫しましょう。勤務時間や有休制度などの基本的な項目に加えて、有給取得率、男女比、平均年齢、産休や育休制度の有無、残業時間を加味した実際に働いた際のモデルケース、フレックスタイムの導入数字を用いて表示することで、安心感を与えられ、応募へとつながります。また、その際に入社後の研修プログラムや教育体制など、スキルアップやキャリアアップにつながるコンテンツをしっかりと紹介しましょう。とくに福利厚生や新入社員向けの研修については、事前に伝えることで安心感を高める効果があり、入社後のイメージがしやすいメリットがあります。また中途社員向けの研修制度や社内研修の取り組みについても言及することで、スキルアップを目指す求職者の興味を引くことが可能です。

 

  • インパクトのある魅力的なデザイン
    求職者は1社だけではなく、たくさんの企業を一度に見ています。たくさんの企業の中で埋もれてしまわないように、求職者の記憶に残りやすい企業になることが重要になってきます。
    • 強く印象に残る
    • HPを見ていて楽しい
    • その企業ならではのユニークなデザイン

    決して自己満足にならないよう、客観的に見て楽しいと思えるデザインを目指してください。そのためにはトレンドを取り入れるのも良いでしょう。

 

  • 求職者の心に響くキャッチコピー採用コンセプトが曖昧だと、情報の切り出し方やコンテンツによって求職者に与える印象がバラバラになってしまい、認識ギャップが生じてしまいます。そのため、「市場・事業・業務・人・文化・制度」などの各観点でコンセプトを決め、企業イメージを統一化させ、キャッチコピーを決めましょう。例1)スタートアップ向けのコンサルティング会社の例
    • 市場:スタートアップや中小企業
    • 事業:BtoBのコンサルティング事業で、クライアントの成功を実現することが会社の価値の源泉
    • 業務:現場のメンバーがクライアントと密接に連携して業務を行う
    • 人:柔軟性と協調性の高い人材が多い
    • 文化:チームワークを重視する。失敗を恐れず挑戦する
    • 制度:柔軟な働き方を支援する制度がある

採用サイトのトレンド【2024年度】

  • モバイルファースト 

    スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の普及により、採用サイトもモバイルファーストが求められています。2022年のデータによると、求職者の仕事探しの際のデバイス種類は、スマートフォンが約70%、パソコンが約30%、タブレットが約10%となっています。実はホームページを制作する際は、ノートパソコン、デスクトップの用途目的のみに制作されている場合が多いです。そのため、求職者がサイトを確認したときに、ローディングやデザイン、レイアウトが見にくいという理由で離脱してしまうケースも多くあります。そのため、採用サイトを制作する際には、モバイルファーストを意識し、スマートフォンで閲覧しやすいように設計することが重要です。

【2022年の求職者の仕事探しの際のデバイス種類】

デバイス種類 数値
スマートフォン 70%
パソコン 30%
タブレット 10%

参照:【株式会社リクルートキャリア】「転職白書2022」

  • ストーリー性のあるコンテンツ 

    求職者にとって、採用サイトは企業や仕事の理解を深めるきっかけとなります。そのため、単なる情報の羅列ではなく、ストーリー性のあるコンテンツを掲載することで、求職者の興味を引き、理解を深めてもらうことが重要です。具体的には、上記で述べたように社員インタビューやイベントレポートなど、企業の雰囲気や社風が伝わるコンテンツを掲載すると効果的です。また、動画やアニメーションなどの視覚的なコンテンツを活用するのもおすすめです。

  • SNS連携 

    SNSの普及により、採用サイトとSNSの連携が重要になっています。SNSでは、採用サイトに掲載されていない最新の情報や、求職者とのコミュニケーションなどを行うことができます。

    採用サイトにSNSのボタンを設置したり、SNSで採用情報を発信したりすることで、求職者の認知度を高め、応募につなげることができます。

ほかにも対策したほうがいい採用サイトコンテンツ内容

応募方法と選考フロー

応募に関する必要書類や注意事項、採用までの選考の流れを記載することで、求職者の応募のハードルや不安を減らすことができるでしょう。

採用サイト上の応募フォームや問い合わせ先などを分かりやすく表示することで、応募の促進を図ることが可能です。

併せて「応募から採用までのスケジュール」「選考プロセスの進行状況の連絡」といった採用フローを掲載し、正確な選考プロセスの情報を提供することで、求職者は将来の見通しを立てやすくなります。

福利厚生や働き方に関する項目は、勤務時間や有休制度などの基本的な項目に加えて、産休や育休制度の有無、残業時間を加味した実際に働いた際のモデルケース、フレックスタイムの導入などが挙げられます。

経営者のメッセージ

会社経営のビジョンや採用に対する情熱などを求職者に伝えるには、経営者からのメッセージが効果的です。

会社の代表が自らの言葉で会社や採用に対する思いやビジョンを語ると、説得力を高めることができるため、メッセージに共感した求職者の入社意欲が高まるでしょう。

企業の理念やビジョン

自社の未来像が明確に伝わるよう、自社が果たすべき使命や役割である企業理念と中長期的な会社の目標を示すビジョンを記載しましょう。

会社の価値観や方針が明確になることで、価値観に共感した求職者からの応募増加が期待できます。

事業内容や職種だけでなく、会社全体として求職者に共感してもらうためにも、サイトのトップに企業の理念やビジョンのページを設け、目立つ場所に設置しましょう。

摘要

いかがでしたでしょうか?採用が10年前、5年前と比較し、うまくいかない理由は必ずあります。同じ仕事環境でいいと思っていませんか?他社は少しずつこういった条件や環境を変えている可能性があります。まずは現状のトレンドやターゲットの求めることを理解し、それに合わせてどう企業が情報を発信していくかこの機会に見直してみましょう。

下記のサイトでは企業分析や採用マーケティングに関する無料相談も受け付けておりますので、この機会にぜひ一度相談してみてください。

 

每周 7 天、每天 24 小时提供服务!如果您需要网站开发、吸引客户或建立业务方面的帮助,请点击此处!
提供 30 分钟免费在线咨询。初次咨询还将为您提供主要信息。

780 500 移居日本