website_desktop_pc

Webサイト制作費用の相場を早見表で徹底解説【2024年最新版】

ホームページ制作を検討する際に、気になるのが費用ではないでしょうか。ホームページ制作の費用は、依頼先や制作内容によって大きく変わってきます。そこで、今回はホームページ制作費用の相場や依頼先別の費用、内訳などを詳しく解説します。

Webサイト制作費用の内訳

  • 制作費
  • サーバー代
  • ドメイン代

おちらはWebサイト作成時に必ず発生する費用となります。個人で作成する場合も、Webサイト制作会社に外注する場合もこちらの3つの費用はかかります。

  • 制作費

ホームページの制作にかかる費用です。デザインや機能などの内容によって、費用は大きく変わってきます。

  • サーバー代

ホームページをインターネット上に公開するための費用です。月額数百円から数万円程度の費用がかかります。

  • ドメイン代

ホームページのURL(https://example.com)にかかる費用です。年間数千円から数万円程度の費用がかかります。

Webサイト制作費用の相場表

依頼先 小規模サイト(5ページ程度) 中規模サイト(15〜30ページ程度) 大規模サイト(300ページ程度)
制作会社 30〜100万円 100〜200万円 500万円〜
広告代理店 50〜200万円 200〜300万円 1,000万円〜
프리랜서 10〜50万円 50〜100万円 200万円〜

ドメイン費用の相場表

ドメイン種類 ドメイン取得費用 ドメイン更新費用
汎用トップレベルドメイン(gTLD) 年間1,000円〜数万円 年間1,000円〜数万円
国別トップレベルドメイン(ccTLD) 年間1,000円〜数万円 年間1,000円〜数万円
地域トップレベルドメイン(rTLD) 年間1,000円〜数万円 年間1,000円〜数万円

サーバー費用の相場表

サーバー種類 月額費用 年額費用
共有サーバー 数百円〜数千円 数千円〜十万円
VPSサーバー 数千円〜数万円 数万円〜十数万円
専用サーバー 数万円〜数十万円 数十万円〜数百万円

この表は、あくまでも目安であり、実際の費用はレジストラやサーバー会社によって異なります。

ドメイン取得費用

ドメイン取得費用は、ドメインの種類によって異なります。

サーバー代

サーバー代は、サーバー種類によって異なります。

サーバー代は、利用するドメインの種類やホームページのコンテンツの内容によっても異なります。例えば、大量の画像や動画を利用するホームページの場合は、より高性能なサーバーを利用する必要があるため、サーバー代も高くなります。

ドメインとサーバーは、ホームページの運営に欠かせないものです。ドメインとサーバーの費用を把握しておくことで、ホームページ制作の予算を立てやすくなります。

Webサイト制作内容による費用の違い

ではどのような内容が制作費用に影響が出るのでしょうか?

例えば、以下の内容を追加すると、費用がさらに高くなります。

  • デザイン性の高いホームページ
  • 多言語対応
  • ページ数が多い
  • 予約システム
  • 会員制サイト
  • ショッピングサイト
  • 決済機能
  • ブログ

Webサイト制作費用を抑えるためには?

  • 制作内容をシンプルにページ数を少なくする
  • ノーコード型テンプレートを使用する
  • フリーランス・格安制作会社に依頼する

制作内容をシンプルにすることで、制作費を抑えることができます。また、テンプレートを使用すると、デザインやレイアウトを自分で考えなくて済むため、費用を抑えることができます。さらに、フリーランスに依頼すれば、制作会社や広告代理店よりも費用を抑えることができます。

Webサイト制作の依頼先

  • 制作会社
  • 広告代理店
  • 프리랜서
  • 自分

制作会社は、ホームページ制作の専門家が在籍しており、豊富な実績とノウハウを持っています。そのため、高品質なホームページを制作してもらえますが、費用は高くなる傾向にあります。

広告代理店は、ホームページ制作だけでなく、広告やマーケティングなどの業務も行っている会社です。そのため、ホームページ制作と合わせて、広告やマーケティングの提案も受けられます。ただし、費用は制作会社よりもさらに高くなる傾向にあります。

프리랜서は、個人でホームページ制作を行っているプロです。費用は制作会社や広告代理店よりも安く抑えることができますが、実績やノウハウが豊富でないフリーランスも少なくありません。

自作でもWebサイト作成は可能ですが、簡単なツール等はあるものの、1からとなるとかなり時間がかかり、クオリティも低いホームページが出来上がる可能性が高いです。筆者としては格安なプロの制作会社・フリーランスに依頼することをお勧めします。また将来的なことを考えると、運営が楽なノーコードのホームページ制作会社に依頼する方が良いでしょう。

まとめ

Webサイト制作費用は、依頼先や制作内容によって大きく変わってきます。そのため、Webサイト制作を検討する際には、まずは相場や内訳をしっかりと把握しておくことが大切です。また、費用を抑えるためには、制作内容をシンプルにする、テンプレートを使用する、格安制作会社・フリーランスに依頼するなどの方法がおすすめです。

弊社ではノーコードカスタム可能な200以上のおしゃれなテンプレートを毎月先着3名のお客様限定7만엔부터提供しておりますので、この機会にお気軽に無料相談をご利用くださいませ。

24時間受付中!ホームページ制作・集客・事業立ち上げでお困りの方はこちら!
30分の無料オンライン相談受付中。初回相談でも有力な情報を提供します。

780 500 movetojapan