website_desktop_pc

ホームページ運用代行の費用相場は?依頼先別の費用や内訳を徹底解説【2024年最新】

ホームページは実は制作して終わりではなく、その後の運用も非常に重要です。ホームページ運用には、コンテンツの更新やSEO対策、アクセス解析など、さまざまな作業が必要です。自社で運用する場合は、これらの作業に多くの時間と労力を割く必要があります。

そこで、ホームページ運用を代行してもらうことも検討してみましょう。ホームページ運用代行を依頼すれば、自社の負担を減らし、集客や売上アップにつなげることができます

ホームページ運用代行で得られる効果・メリット

集客効果の向上

    • コンテンツの更新により、検索エンジンからの流入増加
    • SEO対策により、検索エンジンの上位に表示されることで、より多くの人にホームページを閲覧してもらえる
    • メールマガジン配信やSNS運用により、顧客との接点を増やすことができる

売上アップ

    • 集客効果の向上により、新規顧客の獲得や既存顧客の再来店につなげることができる
    • 問い合わせ対応の代行により、顧客対応の品質を向上
    • アクセス解析のレポート作成により、ホームページの改善点を把握し、効果的な施策を実施可能

具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

    • 店舗のページビューが3倍になった
    • 問い合わせ件数が2倍になった
    • 新規顧客の獲得率が10%上がった
    • 売上が100万円アップした

ホームページ運用代行を依頼することで、自社で運用するよりも効果的にホームページを活用し、集客や売上アップにつなげることができます。

ホームページ運用代行の費用相場

依頼先 月額費用(目安)
制作会社 5万円〜50万円
広告代理店 10万円〜100万円
freelance 2万円〜20万円

 

ホームページ運用代行の費用に含まれる主な内容

内容 概要
コンテンツ更新 ブログ記事、ニュース、お知らせなどの更新
SEO対策 検索エンジンに上位表示されるための対策
アクセス解析 ホームページのアクセス状況を分析
メールマガジン配信 顧客へのメールマガジン配信
問い合わせ対応 ホームページから寄せられた問い合わせへの対応

制作会社や広告代理店に依頼する場合は、運用基本料やコンテンツ制作料に加えて、以下の内容が含まれる場合もあります。

  • デザインやレイアウトの変更
  • システムの追加や変更
  • 広告やマーケティングの提案

運用基本料には、ホームページ運用に必要な基本的な作業が含まれています。具体的には、コンテンツの更新、SEO対策、アクセス解析、メールマガジン配信、問い合わせ対応などです。

なお、依頼先によって含まれる内容が異なる場合もあります。例えば、制作会社や広告代理店に依頼する場合は、アクセス解析のレポート作成や、問い合わせ対応の代行などが含まれる場合もあります。

ホームページ運用代行依頼先

  • 制作会社
  • 広告代理店
  • freelance

制作会社は、ホームページ制作の専門家が在籍しており、豊富な実績とノウハウを持っています。そのため、高品質なホームページ運用を代行してもらえますが、費用は高くなる傾向にあります。

広告代理店は、ホームページ制作だけでなく、広告やマーケティングなどの業務も行っている会社です。そのため、ホームページ運用と合わせて、広告やマーケティングの提案も受けられます。ただし、費用は制作会社よりもさらに高くなる傾向にあります。

freelanceは、個人でホームページ運用を行っているプロです。費用は制作会社や広告代理店よりも安く抑えることができますが、実績やノウハウが豊富でないフリーランスも少なくありません。

ホームページのサイト保守代行も忘れずに

上記では運用代行の内容をお話しさせて頂きました。こちらでは、ホームページのサイト保守の運用代行についてお話しさせていただきます。

なぜホームページのサイト保守が必要?

Webサイトは、制作後も定期的な保守が必要です。

商売道具としてはかかせないWebサイトですが、保守管理を怠った場合の具体的な事例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 不正アクセスにより、顧客情報や個人情報が流出した
  • ウイルス感染により、Webサイトが改ざんされた
  • 機能やコンテンツが古くなり、ユーザーのニーズに合わなくなった
  • パフォーマンスが低下し、ユーザーがWebサイトを利用しなくなった

上記のようなリスクを防ぐためにWebサイトを安全かつ快適に運用するためには、定期的な保守・メンテナンスを行うことが重要です。

Webサイト保守のメリット

  • Security measures
  • データのバックアップ
  • セキュリティリスクを低減
  • 機能やコンテンツのアップデート

Webサイトを安全かつ快適に運用するためには、定期的な保守・メンテナンスが必要です。保守・メンテナンスを行うことで、セキュリティリスクを低減し、機能やコンテンツを最新の状態に保ち、Webサイトのパフォーマンスを維持することができます。

ホームページ保守代行の費用相場

保守内容 費用相場 主な内容
基本保守 月額5,000円〜30,000円 ドメイン、サーバーなどの基本的な管理
運用保守 月額10,000円〜50,000円 コンテンツの更新、お問い合わせ対応などの運用
マーケティング保守 月額50,000円以上 運用保守に加えて、Webマーケティングのサポート

まとめ

ホームページ運用代行の費用は、依頼先や契約内容によって異なります。ホームページ運用代行を検討する際には、まずは相場や内訳をしっかりと把握しておくことが大切です。また、費用を抑えるためには、運用範囲を絞る、コンテンツ制作を自分で行う、フリーランスに依頼するなどの方法があります。。

弊社では月々15,000円~運用代行を提供しておりますので、この機会にお気軽に無料相談をご利用くださいませ。

24時間受付中!ホームページ制作・集客・事業立ち上げでお困りの方はこちら!
30分の無料オンライン相談受付中。初回相談でも有力な情報を提供します。

780 500 movetojapan